ほくろは簡単に除去できる!問題を根本から解決してくれる美容外科

サイトメニュー

美容外科の選択肢

顔を触る人

誤った選択を選ばない為に

生まれつきや年令を重ねるなどの要因から、気がついたら発生しているのがほくろです。そのため気にしない人もいればコンプレックスとなっている人もおり、なんとか除去したいと考える機会も少なくありません。そんなときに活用すべく、美容外科の選び方に関するポイントを押さえておくと良いでしょう。まず最も重要となるのが、自宅や会社などから通いやすい距離にあるかどうかという点です。通常ほくろの除去はレーザー照射や電気の熱などを利用して行うものが一般的で、肌の負担を小さくするよう複数回に分けて施術が行われる場合があります。また施術後のアフターケアを行っている美容外科もあり、そのためあまりに遠方の美容外科で施術を受けてしまうと、実際の施術費用よりも交通費の方が大きくなってしまい、結果的に総合的な費用負担が非常に重くのしかかってしまいます。そのため評判の良さも重要ですが、ある程度通いやすい距離か、継続して通うことで大きな負担とならないかなどについても考えておくことをおすすめします。次に挙げられるのが美容外科の評判です。施術前のカウンセリングや実際に施術を受けている際に対応が悪いと、いくら施術の腕がよくても通うことに抵抗を感じる人は多いです。そのため口コミサイトなどを事前にチェックすることで、施術中の対応や愛想の良し悪しなどを知ることが可能です。ただし注意したい点として、口コミは投稿した人の主観が大きく反映されてしまうため、あまりに美容外科を持ち上げるような口コミや、逆に悪態のような理不尽な口コミについては、一歩下がった立ち位置で情報の精査を行うことが重要です。ほくろの除去に関する費用は、行う施術によって大きく異なります。まずどの方法にも共通するポイントとして、保険診療の対象とならず、全額自己負担となってしまうという点です。そのため基本的にどのほくろ除去施術もある程度の費用が必要となっています。その中でも比較的安価な価格で利用できるのがレーザー光による施術です。ほくろの大きさにもよりますが、小さなものであれば5千円程度で施術を受けることができ、また傷口のアフターケアを自身で行うのであれば、更に金額を抑えることができる場合もあります。ただし複数箇所の治療を行ったり、ある程度の大きさがあったりする場合は費用が高額になってしまうこともある上、痛みや腫れが引く期間、いわゆるダウンタイムが他の施術に比べると長いこともあります。次に電気の熱を利用して除去する施術の場合、一回あたりにかかる金額は小さめですが、複数回行わなければならないので、トータルの金額の相場としては1万円前後とされています。ただし体質によっては完全に消すことができず、再発する可能性がある点についても留意しておかねばなりません。最も金額の負担が大きいのがメスを利用するもので、麻酔なども併用して行うため、一回あたりで5万円程度の金額が必要となります。また広範囲の除去も行うことができますが、肌の負担が大きく、場合によっては跡が残る可能性もあります。ただし悪性腫瘍などの場合は保険診療の対象となることもあり、場合によっては高額療養費制度を利用することも可能なため、全ての施術の中で費用負担が最も小さくなる場合もあります。上記のポイントを抑え、ほくろの除去施術を検討することをおすすめします。