ほくろは簡単に除去できる!問題を根本から解決してくれる美容外科

サイトメニュー

切除方法や費用の注意点

カウンセリング

より綺麗に切除するために

顔のほくろをコンプレックスに感じている方は多いのではないでしょうか。メイクで隠れないものでも、皮膚科や美容クリニックで綺麗に除去することができます。一般的な除去方法は大きく分けて電気分解法と切縫法の2種類です。電気分解法は、電気メスを用い、熱の力で皮膚内側のほくろの細胞を焼きつけ切除します。5?以下のものに効果的な方法ですが、局所麻酔で施術中は痛みもほとんどなく、短時間で手軽に行うことができます。麻酔は注射を行うため、数秒痛みを伴うことがあります。痛みが苦手な方は事前に医師に相談してみると塗布麻酔等その他の麻酔を対応してくれることもあるので、不安なことは話しておくと安心ですね。切除の後は赤やピンク色のかさぶたになり、数週間でかさぶたが剥がれると、傷跡も残らず綺麗な肌に戻ります。切除直後の紫外線や刺激は厳禁なので、絆創膏等でしばらく保護が必要です。肌色の小さく目立たない絆創膏の場合が多いですが、気になる方はマスク等準備しておくと安心ですね。一方、切縫法は5?以上の大きいほくろに効果的な方法です。電気メスと異なり、メスを使用してほくろの周囲を切開し、切除した後周囲の皮膚を縫い合わせます。電気メスよりも赤みや腫れが生じることがありますが、数日で回復し傷跡のリスクも比較的少ないです。突起がある場合や、かなり大きなほくろでも対応可能なので、顔の印象も変わることでしょう。費用に関しては、クリニックにより異なりますが、1つの切除で1万円から3万円程度のところが多いです。インターネットに口コミも多数掲載されているので、下調べをして自分に合うクリニック選びをしましょう。気になるほくろを綺麗に除去するために、クリニック選びはとても大切です。体験談や口コミ等、事前の下調べをしっかり行ったり、予約前の電話相談等を利用したりして、良いクリニックを選びましょう。希望のクリニックが見つかったら、初診予約をします。インターネット、電話両方で受け付けをしているところが多いです。ネット受付でも、体調やほくろの状況、治療時の希望等、記入を必要とする場合もあるため、自分の状態をチェックしておきましょう。初回の来院時も、問診票等詳細に記入を求められることがあります。良い治療のために、必要箇所はわかる範囲で詳細に記入しましょう。その後医師とのカウンセリングを行い、切除したいほくろを確認してもらったら、申込書等の書類に記入を行い、切除に入ります。麻酔や切除時の痛み、切除後の腫れや赤みのケア、切除のしくみ等、しっかり説明してくれるクリニックが安心ですね。不安が残る際には、複数のクリニックを来院した後、最も信頼できる医師に切除を依頼するのもおすすめです。また、除去をする時期も事前に考え予定を立てておくと安心です。除去後の肌は表面を削って細胞がむき出しになっているため、紫外線を浴びることでシミやほくろ再発、跡残りの原因となります。紫外線の強い夏はできれば避けておき、施術後数日も長時間外を出歩く予定は入れておかないほうが安心です。更に、目立ちにくいももの、数週間は施術箇所の保護のため肌色の絆創膏や保護テープを貼ります。友人との予定がない期間や仕事の休暇前に行うと周囲の目も気にせず行うことができますね。ほくろを取るだけで顔の印象が変わり、自信が持てることで表情も明るくなります。下調べや、予定調整を行い、良いクリニックでぜひ治療を受けてみてください。